クオリティの高い広告郵便は専門業者に任せてしまうのがおすすめ

Acrimpedpostcard

特別感のある広告郵便をつくる方法

広告って個人宛てにというよりは、とにかく沢山の人が見て内容を理解してほしいという感じで作られている傾向が多いと思います。
ですが、そんな広告が自分のために作りましたという広告ならどう思うでしょうでしょうか。私の為に作って送って来た広告だと思ったら特別な扱いを受けているという、優越感を感じる事ができます。なので、そういう広告を作って送れたらレスポンスが高いと判断できます。
ですので是非そういう特別感ある広告を作って発送した方が良いのではないでしょうか。具体的にどうやればと疑問もあると思いますが、広告郵便の圧着ハガキを使って特別感ある広告を作る事ができます。広告郵便は、個人に特定して送る事ができますので送りたい人を絞って広告郵便を送る事ができます。
送る人を特定できるので後は、広告の内容を特定の個人様へ向けて可変印刷してやれば個人別に違う内容の印刷が可能です。そしてその可変印刷部分に特別感がでるような内容を記載するのです。折りたたんでつくる圧着のハガキならそういった可変印刷の技術も使って個人を絞って特別感ある広告を作る事が可能なのです。
印刷から発送までどうすればと思う方がおおいでしょうが、専門業者に依頼する事が一番の解決方法でしょう。プロの意見とクオリティーで特別な広告を作ってみてはどうでしょう。

プライバシーも守られる広告郵便

広告郵便の中で、誰もが一度は手にしたことはあるけれど名前は知られていないもの…そう、ハガキはハガキでも中の内容が開かないとわからない、圧着ハガキのことです。このタイプのメリットは、中が送付した時点で見れないため、プライバシーの保護になるということ、雨で濡れても決してにじまず、美しさを保つということ。広告郵便は色んなタイプがありますが、比較的安価で、このような仕掛けができるのは圧着ハガキだけかとも思います。
このようなタイプの圧着ハガキは、専門業者に依頼しないと制作は難しいですが、いまは比較的リーズナブルに制作してくれる印刷会社も多いので、私たちにとってグッと身近な存在になったと思います。プライバシーの観点からも良いですが、開けるまでどういった内容があるかが伏せられるため、ちょっとしたサプライズ感も演出ができます。
また、普通の官製はがきでは情報量が一面しか無いですが、この圧着ハガキにすることによってプラスで2面、情報量を追加することができます。しかも普通のハガキと送料も変わらない、コスト面でも圧倒的に得ですし、届いた方にも情報量が3倍伝わるというどちらにとっても良い結果になるということです。よりコストを抑え、情報量を多くするべき広告郵便にはうってつけの手法といえます。

広告郵便としてメリットが多い圧着ハガキとは?

広告郵便と一まとめに行っても、普通のハガキや封筒に入ったタイプのものなど、様々な形式のものがあります。その中の一つが、圧着ハガキと呼ばれるタイプのものです。圧着ハガキは日常でもよく見かけるタイプの広告郵便であり、自宅のポストの中や会社の郵便物として見かけた事があるという方も多いはずです。
圧着ハガキというのは、特殊な方法でハガキを折り畳んだ物のことを言います。郵便物としてのサイズは普通のハガキ一枚と同じなのですが、折り畳まれた分多くの面があり、通常の2~3倍の情報を盛り込めるというのが、圧着ハガキ最大のメリットです。
また、圧着ハガキの場合は情報が完全に隠された状態で届くため、興味を持って開けてくれる可能性が高く、そういう意味でもダイレクトメールなどの広告郵便として適しています。
また、一枚で多くの情報を伝えることができるためたくさんの枚数を必要とせず、郵便物としてあくまでハガキ一枚としての扱いなので郵送料が安く済むというのも、圧着ハガキのメリットです。そんな圧着ハガキは、専門業者に依頼する事によって作ることができます。
専門業者に依頼すればクオリティーの高い圧着ハガキを短期間でたくさん作ってもらえますし、広告郵便に圧着ハガキを使用する際には、ぜひ専門業者へ依頼してみてはいかがでしょうか。


他と差のある広告を郵便作成するなら【ユニオン印刷株式会社】がおすすめです!専門業者なので細かいリクエストにもしっかり対応してくれます!ビジネスの強い味方になります!