クオリティの高い広告郵便は専門業者に任せてしまうのがおすすめ

Acrimpedpostcard

圧着ハガキで広告郵便するメリット

ミニ郵便ポスト

圧着ハガキによる広告郵便は最近多くなりました。あのバリバリとめくる感じは、なかに何が書いてあるのか少しワクワクしますね。会員限定クーポンはこちらなどをめくる角にむけて書いてあったりするとついつい気になってめくりたくなります。この誘惑を誘発する厚着ハガキは広告郵便の定番になってきています。
ですが、他のシンプルなハガキの広告郵便とは違って、簡単なプリンターで作成することは出来ず専門業者に依頼しなくては出来ません。ハガキ事態もコーティングされているし、糊付けなど手間がかかるので専門業者に依頼すると高いイメージがありますが、やはり定番化されているので今では1000枚で2000円程度で出来るようになりました。
メールなどが普及して毎日のように広告メールがきますが、しつこいくらい送られて来るのでしっかり読む気がしません。それに比べ自分宛に送られてくる広告郵便は特別感があり、ついつい見てしまいます。とくに圧着ハガキは普通ハガキの広告郵便よりポイと捨てずに見ないと損してしまう気がします。
これは広告としてメリットが多く、いかに広告に興味を持たせるか購買意欲を高めるかを工夫することで多くの集客が見込める広告媒体だと思います。